ドコモのスマホ 料金

ドコモの料金。今より2−4割安くなる?

こんばんは(*´╰╯`๓)♬子ぶたです♪

時事ごとにもなるのですが最近、お客さんからこんな話をよく聞いたり言われます。

お客さん
お客さん
ドコモの料金4割くらい安くなるらしいね。

確かに2018年10月31日にNTTドコモは携帯電話料金を2〜4割引き下げることを発表しています。

しかし肝心の「どういったプランを用意し、どの部分を安くするのか」といった具体的なモノは何も発表されていません。

今日はその発表や内容について、1人のドコモショップ店員として考えてみました。

ドコモの料金が2−4割安くなるって、具体的に何円くらい安くなる?

私が見て思うのは、現状スマホ使ってる方での月額料金はおひとり平均7000〜8000円くらいじゃないかなぁ?と、ザックリですが思っています。

(* ̄▽ ̄*)特に根拠となるデータがあるわけじゃないです。

ほんと直感で今思った数字を言っただけなので、こまかい指摘はしないでくださいね笑

仮に8000円だとしましょう。

するとその2−4割にあたる金額とは、1600円〜3200円です。

計算すると現在8000円の人は4800円〜6400円に理論上なるということですね。

この通りに全員が恩恵を受ければ理想だとは思います。

しかし現実、実際はそうはいかない気はしています。

月額料金を安くするための要素は何があるか?

まず月額料金を安くするための要素を考えてみました。

・通話料金もしくは通話の基本料を下げる。

・定額パケットサービスの単価を下げる。

・割引を増額する。(長期利用割引・学割・ネットとかのセット割)

・機種代金の値引きや、それにまつわる値引きを増額してトータル金額抑える。

パッと思いついたのは上記のあたりですが、端末代の部分やセット割は可能性が極端に低いかな、と思いました。

なぜなら全員が恩恵を受けれない内容になると、不平の声が上がるから。

新料金プランなど選択肢の増加により基本料金は既に下がっている傾向がある。

通話やパケットの新プラン発表がここ数年であってから月額の基本料金自体は現状でも、3年前に比べるとかなり下がっています。

3年前は一人の場合、純粋な値段だけで考えると最低6500円でした。

使い方を抑える方なら現在は4180円まで落ちます。

4割近く減額される、という事に関しては今の時点で既にクリアされてる部分はあるのです。しかし弊害もあります。

プランが増えた分、選択肢が増え安くする可能性が増えた

しかしそれに伴い、複雑化してよりわかりにくくなった

お客さん
お客さん
月額料金、3年前と支払う分そんな変わってない気がする!
子ぶたちゃん
子ぶたちゃん
そうなんです_:(´°ω°`」 ∠):_本体代金上がってるんです

端末代金が高騰化、それに割引サポートが追いついていない。

以前は本体代金0円の機種もたくさんあったのですが、今はほぼ無くなってしまいました。

機種購入時の割引があるにはありますが、全く追いついていない状況です。

基本料金下がったけど本体代金上がってるから蓋を開けたらトントン、ってなってる場合も多いんです。

分割で実質の負担金が毎月2000円を超えるもの少なかったですが、今はそれが普通です。

それどころか3000円とか4000円するものすら出てきました。

今まで端末代金かかってなかった人が故障で仕方なく来店。

モデルチェンジしようと思ったら高額な分割代金が発生する。

そこを料金プランを抑えることで、なんとか合計金額が上がらないよう誘導している。

というのが現状のショップの状況です。

是非、お客さんに案内するスタッフの一人としては…。

更に安価で便利に使えるような提案ができる内容が発表されると嬉しいです♪

 

ABOUT ME
kobuta
kobuta
スマホやiPhone、お得情報が大好きな現ドコモショップ店員です。 お得情報をお伝えして喜んでもらえるのが好きです♪